HOMEこのブログはhttp://www.scforum.jp/blog/に移転しました

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グループブレーク開催を目指して プレミアゴールドでのシミュレーション編

このエントリーをはてなブックマークに追加

グループブレイクの方法をああでもないこうでもないと考えてます。

いろんな切り口があるものですね。
最初は参加者を少なめにして物量的な手間を減らしたいと考えていましたが、
それだとお一人が負担する参加費が高くなってしまい、
開封する楽しみを削ってまで参加するほどの魅力がないかもしれません。

それならいっそのこと参加者をぐっと増やして、
コメントでいただいたように福パック程度の値段に抑えたほうが、
当たりはずれを気軽に楽しめそうですよね。
それに公開されそうにない直筆サインのオッズに影響を受けにくいという利点もあります。


Premier Goldでシミュレーションしてみました

まずはトライ&エラー。いま考えているルールで実際にやってみて、
そこで企画の問題点や感触をつかんでみることにしました。

発送、入金確認、動画撮影といった裏方部分はひとまずおいといて、
どのような流れで受け取れるカードを決定するかというのを試しています。


仮想 Topps Premier Gold グループブレイクの流れ 参加人数と開封数を設定

参加人数は10人、開封するのは3BOXとしました(リスト化するのが大変なので)。
それぞれのお名前は1~10としましたが、実際にはHNを公開する形になるかと思います。
なのでご自分が何番になったと仮定しながら読んでもらえるとおもしろいかもしれません。

費用については概算でこんな感じです。
BOX単価 25000 × 3 = 75000円 + 送料500円 = 合計 75500円
参加費は 75500 ÷ 10 = 7550 + 送料350円(レターパックと仮定)= 8050円


それでは順をおって進めてみたいと思います。


1)開封とリスト化

ちゃんとしたところだとライブストリーミングで流していますが、
子供が「列車戦隊!トッキュウジャー!」と入線してくる可能性が排除できないので、
お聞き苦しい音声があればカットしたうえで開封動画をyoutubeにアップしようと思っています。

引けたカードはエクセルでこのようにリスト化しました。

gb_practice1.png

直筆サインとジャージカードは分かりやすいように色分け。
また特に注目に値するカードについては太字にしています。
今回の仮想ケースブレイクで僕の主観的な操作が関与するのはこの部分だけです。

ただし本番ではレギュラーやノンシリPRIZMカードをいくつかのセットに分けると思うので、
僕の主観が関与する部分がひとつ増えると思います。

そしてこのリストを見たら「カードの希望順を事前に決めてもらう」のは絶対無理ですね。
さらに指名順位の抽選結果と参加者全員の希望順位を照らしあわせながらカードを確定していくなんて・・・。


2)リスト化したカードのグループ抽選

先ほどのリストは50カードで今回の参加者は10人ですから、
10枚ずつの5グループにカードを振り分けていきます。

まずは用意したテンプレートにリストをコピーし、各カードに振り分け用の乱数(並び順)を設定。
左側にグループ表示がありますがこの時点ではまだ振り分けが実行されていません
(乱数の設定はエクセルの関数Rand()を利用しています)

gb_practice2.png


設定された乱数で並び替えると、カードのグループ分けが決定です。
そしてグループ分けが決まった時点で並び順を元に各カードのコード番号(画像右端)も決定。
この番号が参加者とカードを結びつけるキーになります。


gb_practice3.png

今回はすべてのカードを一律で振り分けていますが、
6枚程度が予想されるサインについてだけは別扱いにするのもありかもしれませんね。
全員参加の抽選で当たった人は省いていったり、選手をグループに分けて事前に指定してもらいその人達だけで抽選したり。


3)各グループごとの当選者の指定コード抽選

ここでの抽選についてはこちらのようなプログラムを作成しました。
グループブレイク抽選

1~10までのカード番号に、参加者がランダム(phpのshuffle関数を使用)で割り当てられます。
今回は5グループなので抽選も5回おこないました。

また各グループの抽選も1回実行して即採用というわけではなく、
2回だったり5回だったりてきとうに繰り返した最後の1回を採用しています。

gb_practice4.png


この抽選結果とさきほどグループ分けしたカードリストをくっつけると、
最終的な結果が明らかになります。


gb_practice5.png


4)グループブレイク 結果発表

さっきの表だと分かりにくいので、当選者名とカードを抜きだしました。

gb_practice6.png

自分が参加者3番だと仮定された方、
おめでとうございます!Cロナウドのオートが入ってます。

参加者9番と仮定された方、
まことにお伝えしにくいのですが、8050円でジャージ1枚とパラレル4枚です。おまけに全部コモンです。


・・・これ、外れた人にもうしわけなくて死ねますね。


今回のシミュレーションで一番の収穫は、
「グループブレイクを主催するには鋼のメンタルが必要!」ということでした。

発送や入金確認の数が多いとか、動画撮影のプレッシャーとかもあるんですが、
メンタル面がいちばんの障害かもしれません。


やっぱり大変やわ(しみじみ)



COMMENTS(-)(2)

Sean
2014/03/01 10:36 | URL | ≫ EDIT

こんにちは、シミュレーション拝見しました^^
かなり綿密に計画を立てられてますね! 思わず見入ってしまいました^^

前回の記事も拝見しましたが、GBは結構大変です。
Paniniはまだ明確な声明を出しておりませんが、最近の傾向としては、
メーカーの許可が無いと出来ないという風潮も出て来ました。(アメリカでイカサマBREAKが頻発し、裁判沙汰にもなってます。。。)

少なからず心無い一部の人もいるでしょうから、
GBのやり方について直接言えないような人たちでしょうから、
文句やトラブルも必ずあるでしょうし。。。

参加者がみんなお知り合いとかなら楽しくて良いと思いますよ!!

私もとりあえず2ケースで予約しました。
早くも楽しみですね♪ Ozilの直筆サインも入るようですし、
また開封結果を楽しみにさせていただきますね!

長々とすいません、、、

AYA
2014/03/04 11:44 | URL | ≫ EDIT

GBのトラブルはあるでしょうね。
僕レベルが少し概要を考えただけでも、
クリアすべき問題点がゴロゴロ出てきますから。

参加者みんなが知り合いなら少しは気が楽なんですが、
もし開催できても直接のやり取りしたことのない方がほとんどでしょうね。
こればっかりは僕の交友範囲が極小なので致し方ありません。

4年に1回のお祭りということで、
準備段階での持ち出しや開きスポットの穴埋めなど、
いろいろとかぶるのは覚悟して敷居が低くできればいいかなと思ってます。













非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。