HOMEこのブログはhttp://www.scforum.jp/blog/に移転しました

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがた迷惑なTopps Match Attaxシリーズの多展開まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップスプレミアゴールドの発売までもう1か月を切ってます。
いいかげん追加情報が無いのかと情報を探していたところ、
Topps Premier League 2013 Box break」というタイトルの動画を発見。


えっ!もうどっかの誰かが手に入れてんの?


とビビリながらチェックしてみると、正式な動画のタイトルは、
Topps Afghan Premier League Afghanistan 2013 booster box break


あ、あふがんりーぐ?


世界は広いな~。こんなのカバーできねえよ。
しかしネタにする以上はもうちょっと掘り下げねばとさらに検索してみましたが、
チェックリストリーグ公式サイトを見つけた所で終了。

ひとりくらい知ってる選手を見つけたかったんですが、
何人も出てくる「アジジ」や「カリミ」も当然あの選手達とは別人でした。
#Yama Yahyazadaなんかはものすごく日本人選手の誤植っぽいんですけどね。


ちなみにTopps Match Attaxシリーズの悪ノリはとどまるところを知らず、
無数のローカル版が以下のように発売されています。

Match Attax 2013/2014 インド版
Match Attax 2012/2013 ベトナム版
Match Attax 2011/2012 ベトナム版
Match Attax 2010/2011 ロシア版
Match Attax 2010/2011 ベトナム版

この中ではロシア版とインド版は通常の商品とほぼ同じ。
※写真はロシア版のウィルシャー

それに対してベトナム版はスナック菓子のおまけカードで、
一回り小さなプラ製カードになっています。
また総枚数もかなり縮小されているので、
カード化されている選手はかなり限られていますね。



こんなに手広くやられてしまうと追いかけるのが大変なうえに、
オーフェルマルスのカードも無いのでなかなかやる気が出てきません。

Icons MessiやPanini ワールドカップ2010の日本限定版で、
海外のコレクターを差し置いて楽しい思いをさせてもらってますが、
ショップで販売されない一部地域限定版って集めるのに手間がかかりますね(汗。


COMMENTS(-)(0)













非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。