HOMEこのブログはhttp://www.scforum.jp/blog/に移転しました

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

topps Match Attax 09/10 Extra 50パックを開封したら夢のような結果に

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本では販売しているショップを見かけないんですが、海外ではとっくに発売されていたtopps Match Attax 09/10 Extra(追加版)をeBayで50パック購入しました。落札価格は約5,000円で、日本なら1BOX(100パック入)10,000円前後ですからほぼ同じ値段ですね。

もう最初に書いてしまいますが、今回の開封結果はこれまでのMatch Attaxシリーズの中で最高でした!というのも追加されたアーセナルのノーマルカードを全種引けただけでも嬉しいのに、Mon of the Matchでアーセナルから唯一選ばれていたヴェルメーレンまで引けましたから。開封前に「引きたいな」と思っていたカードが全種引けるなんてはじめての経験です。それではそんなカードをご紹介。


Match Attax 09/10 Extra 追加ベースカード

topps Match Attax 09/10 Extra #メリダ topps Match Attax 09/10 Extra #トラオレ topps Match Attax 09/10 Extra #オベルタン

アーセナルの追加ベースカードはメリダ、トラオレ、シルベストル、ラムジー、ヴェラ、セスク(Club Captain)の6枚。その中でもメリダとトラオレはアーセナルシャツでの初カード化ですね。メリダはカードになること自体が初かもしれません。他チームではカクタ(チェルシー)、ギブソン(マンU)、アダム・ジョンソン(マンC)辺りが注目のRCでしょうか。


Match Attax 09/10 Extra New Signing

topps Match Attax 09/10 Extra #ウィルシャー topps Match Attax 09/10 Extra #マキシ・ロドリゲス topps Match Attax 09/10 Extra #ヴィエラ

冬の新加入選手をピックアップしたNew Signingではアーセナルのキャンベルとウィルシャー(レンタル中)を引けました。ウィルシャーのカードはこれで通算2枚目ですかね。コンプ継続中です。また元アーセナルの選手ではエバートンに移籍したセンデロスの他に、ヴィエラというすごく懐かしい顔ぶれが入ってます。他にはグジョンセンやゼンデンといった出戻り組も目につきます。


Match Attax 09/10 Extra インサートカード

topps Match Attax 09/10 Extra #ヴェルメーレン topps Match Attax 09/10 Extra #トーレス topps Match Attax 09/10 Extra #ルーニー

リフレクター仕様のインサートカードは全部で12枚引けました。通常版とオッズが同じ1:5ならややオッズオーバーですね。しかも欲しかったヴェルメーレン以外にも、写真のルーニーやトーレスなどいいカードが引けました。Hundred Clubのルーニーだけ攻守の数字がフォイル加工されています。

以上、バラパックでの購入でしたがアーセナルのカードが欲しいままに入手できるという嬉しい開封結果になりました。 ルーニーやトーレスは提供可能なので、もし希望がありましたらご連絡ください。旧年も含めたMatch Attaxシリーズとのトレード希望です。


これだけで終わったんでは、久しぶりの開封結果報告なのにあっさりしすぎてるなということで、 検索して見つかったMatch Attaxの新商品について少し。


topps Match Attax England -WORLD CUP SET-

なんとMatch Attaxシリーズからもイングランド代表を中心としたワールドカップ物が発売されるそうです。 発売は今年の5月末で各国のスター選手が収録されているので要注目ですね。

HUNDRED CLUB リフラクターカード(全4種)
・カシージャス(スペイン)
・テリー(イングランド)
・Cロナウド(ポルトガル)
・メッシ(アルゼンチン)

MAN OF THE MATCH リフラクターカード(全28種)
・マスチェラーノ(アルゼンチン)
・シュウォーツァー(オーストラリア)
・ルシオ(ブラジル)
・ロビーニョ(ブラジル)
・エトー(カメルーン)
・フェルナンデス(チリ)
・アッガー(デンマーク)
・ランパード(イングランド)
・ルーニー(イングランド)
・リベリー(フランス)
・アンリ(フランス)
・バラック(ドイツ)
・エッシェン(ガーナ)
・ロッベン(オランダ)
・カンナバーロ(イタリア)
・ピルロ(イタリア)
・ドログバ(コートジボワール)
・中村俊輔(日本)
・パクチソン(韓国)
・マルケス(メキシコ)
・ミケル(ナイジェリア)
・ヴァルデス(パラグアイ)
・カルバーリョ(ポルトガル)
・ピーナール(南アフリカ)
・セスク(スペイン)
・バルネッタ(スイス)
・フォルラン(ウルグアイ)
・ハワード(アメリカ)

ベースカードは全部で224種類で、これなら日本からも何人かカード化されていそうな感じですね。チェックリストはありませんがeBayのガイド記事でリフカードの画像が確認できます。少し通常のシリーズとデザインが異なっているんですがどんなシリーズになっているのか楽しみです。


追記
eBayでちょっと検索したら、Match Attax Englandは普通に出品されまくってました。どうやらとっくに発売済みだったようです(汗。日本人選手は以下の5人がカード化です。
・闘莉王
・中澤
・中村俊輔※リフカードの写真がエラいことに
遠藤
玉田


COMMENTS(-)(0)













非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。